1月31日(木)、地域で考える子どもの貧困・国際シンポジウム「東アジア諸国における外国にルーツを持つ子どもの支援と包摂的移民政策」を開催します。


国を越えて越境する人の流れが激しくなっている中、日本でも訪日・滞日(定住)者の増加が目立つようになっています。新しいビザが創出され、移住者のカテゴリーはさらに広がりを見せ、生活支援の課題も喫緊の課題です。本シンポジウムでは、外国にルーツを持つ家族や子どもの支援課題に焦点を当て、諸外国の先進的な取り組みや大阪での実践を取り上げ、今後の地域実践に活かすための議論の場としたいと思います。

【日時】

 2019年1月31日(木)13:00~19:00 

※当日のタイムスケジュールについては下のチラシをご覧ください。

【会場】

 大阪市立大学 高原記念館学友ホール

【参加費】

 無料

【申込方法】

 本ホームページのお問い合わせページから①お名前②ご所属③メールアドレスを明記の 

 上、メッセージ欄に「子どもセミナー希望」とお書きになり、送信してください。

 

    セミナー案内チラシ